入稿前の注意事項

CDプレス工場入稿用プリマスター支給メディアの注意事項

音楽用CDは「レッドブック」というソニー・フィリップス社により開発されたCD / DA 音楽用データフォーマットで動作しています。よって、確実にプリマスターを作るにはレッドブックに準拠したライティングソフトでの制作をお勧めいたします。

それ以外によるプリマスターは必ずプリマスター検証(データチェック)が必要ですし、問題があるプリマスターは工場より返却されてしまいますので特に注意が必要です。尚、プレスマスター用CD-Rは Main Master + Sub Master の2枚での入稿を原則とさせていただきます。また、CD規格は全て44.1khz /収録時間は74分以内です。(トータル74分を超える80分CD等の場合にはご相談下さい)

弊社にてマスタリングやプリマスター制作を希望される場合、そのマスター編集受け入れ可能メディアとしてはDAT・CD-R・MD・カセット・レコードの4種類になりますが、高音質のCD制作をご希望の方には、MD、カセットテープでの支給は適していません。カセットテープよりも音質の良いMDについては、音源データを圧縮しているため音質的にはDATと比べると若干劣ります。したがってサンプリング周波数44.1khz 以上で録音可能なDAT等のメディアでの入稿をお勧めいたします。また「WAV」「AIFF」「SD2」等のファイルデータでの入稿も可能です。

尚、マルチセッションCD (CD-EXTRA)は「VIDEO データ」と「音楽データ」を1枚のCD-Rにオーサリングしたものをマスターとして使用致しますので、別々のデータでご入稿の場合、弊社にて編集作業が必要となります。入稿前には事前にご相談下さい。

DVDプレス工場入稿用マスター支給メディアの注意事項

■DVD-R For Authoring : PIONEER社製 DVR-S201 にて書込まれた専用 DVD-R MEDIA

■DVD-R For General: Macintoshや一般のPCに接続された民生用のDVD-Rドライブで書込まれたDVD-R MEDIA (この場合、使用されるオーサリングソフトにより、プレス前のベリファイアテストプログラム時に不具合が生じる場合もありますので事前にご相談下さい。DVD Studio Pro / i-DVD / REAL DVD 等で作成されたものに関しては、特に問題はありません)

また、各種DVD-Rでご入稿の場合「リージョンコード設定」「CSSコピープロテクタ」「MICRO -VISIONコピープロテクタ」の摘要についてはご相談下さい。尚、片面2層「DVD-9」のプレスについても同様です。

DLT Tapeの場合:発送時に別途航空運賃が発生しますので事前にご相談下さい。
DDP-Ver2.0フォーマットで記録した完全編集済みDLTテープ *DLT III (DLT 2000) / *DLT III XT (DLT 2000 XT) / *DLT IV (DLT 4000) *DLT IV (DLT 7000) / *DLT IV (DLT 8000)

お問い合わせ・お見積り
0800-808-0007
ページの先頭へ戻る