CDプレス・DVDプレス、紙ジャケ製作は国内最速納期にて。バルク・100枚までの小ロットでも高品質・短納期にて承ります。

デジパック系、レコードジャケット、特殊印刷等もお気軽にご相談下さい。

CDプレス・DVDプレス時おすすめ Q&A

CDプレス時おすすめ Q&A 失敗しない為のチェック26項目(社内用)

Q1.CDプレスご発注前に、ご希望の納品日と納品場所の確認をしたか?

A1.確認は必須であり、悪天候や想定外のアクシデントによる運送遅延も考慮し、当初はご希望の前日納品の段取りを組んでみる。また、お急ぎの場合は初回に必要な最低納品数も聞いておく。

Q2.CDプレス用DDPファイル入稿の場合は、最優先でプレス工場の検証レポートを確認したか?

A2.DDPレポート確認後に、そのままROMとしてプレスしないよう念の為工場へ指示を出す。

Q3.レッドブック不準拠のマスタリングソフトで作成されたマスター入稿の場合、工場への報告をしたか?

A3.工場へ報告する前に曲間オフセットの状態、PQコードの不完全性、曲頭・曲終のノイズ処理等も注意して確認する。

Q4.CD-DAプレスの場合、ディスクアットワンスで書き込まれた音楽専用CD-Rか?

A4.That's、Mistubishi、Mistui等、音楽専用CD-R以外のメディア入稿の場合、特に注意をする。

Q5.CD-DAプレスの場合、PQ欄のCDテキストが世界規格のアルファベットと英数字で書き込まれているか?

A5.確認後、規格外の日本語テキストの場合、CDプレスには反映されない旨、事前に報告する。

Q6.CD-DAマスターが市販のCDプレイヤー、PCで再生できるか?

A6.(顧客様に了承を得てから)再生確認を行う。その時マスターに絶対キズをつけない様、細心の注意を払う。

Q7.CDプレス工場で必須となる品番・タイトル・アーティスト名が明記されているか?

A7.一般的な品番例のアルファベット+英数字かを確認。 タイトル・アーチスト名が内容と合致しているかも確認。 特に連番・類似タイトルの場合は注意。プレス時の読み込みエラーの原因となるメディア表面のボールペン等のキズも確認する。

Q8.CD-ROMの場合、CD-RWディスクではないか?上書き不可処理の確認をしたか?

A8.ディスクアットワンスの書込みかどうか?その他PCでの読み込み状態・空容量も確認する。

Q9.DVD-Rでの工場入稿でCD-ROMは作成不可。入稿されたメディアの種類を確認したか?

A9.NG確認の場合、納期優先の顧客様要望時は、社内にてCD-Rに書き換えて入稿する。

Q10.PC用デスクトップボリュームは書き込まれているか?Win/Mac両方で確認したか?

A10.英小文字・英数字表記か確認。Macでは日本語が文字化けしやすい旨も事前に伝える。

Q11.htmlやPDFデータの場合、リンク切れ等の確認をしたか?

Q11.(顧客様要望時のみ)データ確認・閲覧時、個人・機密情報の流失等に細心の注意を払う。

Q12.アダルト18禁コンテンツが入っていないか?

A12.確認された場合はお取り扱いを中止し、弊社では一切取り扱っていない旨を伝える。

Q13 ~ Q26はご発注時にご要望下さればお知らせ致します。

DVDプレス時おすすめ Q&A 失敗しない為のチェック26項目(社内用)

Q1.DVDプレスご発注前に、ご希望の納品日と納品場所の確認をしたか?

A1.確認は必須であり、悪天候や想定外のアクシデントによる運送遅延も考慮し、当初はご希望の前日納品の段取りを組んでみる。また、お急ぎの場合は初回に必要な最低納品数も聞いておく。

Q2.DVDプレス用DDPファイル入稿の場合は、最優先でプレス工場の検証レポートを確認したか?

A2.DDPレポート確認後に、そのままROMとしてプレスしないよう念の為工場へ指示を出す。

Q3.DVDプレス用マスターに不相応なオーサリングソフトで作成されたマスター入稿の場合、工場への報告をしたか?

A3.工場へ報告する前にメニュー画面のレイアウトや機能チェック、民生機での再生、映像の解像度等、注意して確認する。

Q4.DVD-9場合、DLTテープ、DVD-R、DDPファイルの、いずれの入稿形態かを確認をしたか?

A4.事前に確認し、DDPファイル以外での入稿の場合、航空便入稿時のタイムロス等、特に注意を促す。

Q5.DVDプレスの場合、入稿されたDVD-RがCPRM(BCA)非対応メディアか確認したか?

A5.確認しCPRM(BCA)タイプのDVD-Rはプレス品の再生に不具合が出る旨、事前に伝える。

Q6.入稿されたDVDマスターが市販のDVDプレイヤー、PCで再生できるかの確認をしたか?

A6.(顧客様に承認を得て)確認時マスターに絶対キズをつけない様、細心の注意を払う。

Q7.DVDプレス工場で必須となる品番・タイトル・アーティスト名が明記されているか?

A7.一般的な品番例のアルファベット+英数字かを確認。 タイトル・アーチスト名が内容と合致しているかも確認。 特に連番・類似タイトルの場合は注意。 プレス時の読み込みエラーの原因となるメディア表面のボールペン等のキズも確認する。

Q8.DVD-ROMの場合、DVD-RWディスクではないか?上書き不可処理の確認をしたか?

A8.確認時、データの書込み余白、PCでの読み込み状態も見ておく。

Q9.CD-Rでの工場入稿でDVD-ROMは作成不可。メディアの種類を確認したか?

A9.NG確認の場合、納期優先の顧客様要望時は、社内にてDVD-Rに書き換えて入稿する。

Q10.PC用デスクトップボリュームは書き込まれているか?Win/Mac両方で確認したか?

A10.英小文字・英数字表記か確認。Macでは日本語が文字化けしやすい旨も事前に伝える。

Q11.htmlやPDFデータの場合、リンク切れ等の確認をしたか?

Q11.(顧客様要望時のみ)データ確認・閲覧時、個人・機密情報の流失等に細心の注意を払う。

Q12.アダルト18禁コンテンツが入っていないか?

A12.確認された場合はお取り扱いを中止し、弊社では一切取り扱っていない旨を伝える。

Q13 ~ Q26はご発注時にご要望下さればお知らせ致します。

お問い合わせ・お見積り
0800-808-0007
ページの先頭へ戻る